FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--



暑くて暑くて・・
あぁ・・早く九月になれ。と、願い続けた長い長い夏が終わった。

いつもの年よりずっと長い5月から始まった
暑すぎた夏が、行く時に

モモも一緒に逝ってしまった。

夏さえ過ぎれば、きっと元気になれるよ。って
またご飯もおいしく食べられるようになるよね。
・・暑すぎる8月じゃなくて9月になったら近場で
バカンスしようか・・って、近所のホテルに予約を入れて
もうちょっとだから。頑張ってね。
毎日、毎日、同じ言葉を繰り返し、
食欲のないのも、元気がないのも、嘔吐するのも
下痢が続くのも、全部暑さのせいにして・・

秋になりさえすれば、と・・・
9月にさえなれば、モモが元気になると思い込もうとしている内に、

モモは、少しずつ少しずつ・・弱っていって
9月まであと2日・・と、祈るような気持ちで
カレンダーを見上げた途端、
血を吐いて、水を飲むことすらできなくなった。

それでも、自分をも周りをもごまかして・・
薬が効いてくるまでだから・・
気温さえ下がれば気分もよくなるよ。って・・
少しでも何か食べられれば・・なんて、思いつく限りのものを
買い込んで・・

現実をきちんと受け止められなくて
目の前のモモを、ちゃんと見る事すらできない私たちを
モモは、ただ、ただ・・黙って待っていた。


亡くなるまでの5日間。・・毎晩毎晩、一睡もできない程の痛みと
嘔吐と、身体の向きを変える事すら辛い苦しみの中で
私たちの気持ちに諦めがつくまで、決心がつくまで、
モモは、一言も言わないで、待っていてくれた。


最後の最後まで、モモが守ろうとしたものは
最後の最後まで、モモが思っていた事は、
私たちの気持ち・・ただ、それだけだった。
Yukiの事で後悔し続けた私を知っていたモモは、
自分の痛みよりも、私たちの"これから"を優先した。


秋になったら・・・
あんなに待ってた秋になって・・


・・・私は、いったい何を待っていたんだろう・・




9月5日 午前8時28分。推定享年 15歳
(安楽死)



momo 2017 8 29 19.00


(一週間サルデーニャに行っていたお父さんを待ち続けていたモモ。
 この日、8月29日の夕方 帰ってきた良人と共に、
夕方遅く、家族3人揃って出掛けた散歩の最後に、
精一杯の笑顔を残してくれた後、
崩れ落ちるようにして起き上がる事すら
できなくなった。

それでも、モモは死の前日まで人が訪ねてきてくれると、痛みに耐えかねる身体を無理に起こそうと
全身の力を振り絞るようにして顔をあげ、笑顔でお迎えをした。
トイレも最後まで、、外に連れ出すのを待って、
這うように、よろけながらも自分の力で立とうとした。

13年前の夏の終わり、8月28日。彼女が私たちの娘に
なってくれたあの日から、ずっと、ずっと最後まで、わがままで、自己中で、やたらプライドが高くて、怒りんぼのモモは、私たちには過分すぎる自慢の娘であり続けてくれた)







スポンサーサイト
  •   13, 2017 16:18

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。