FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

覚書

モモは、多分、生まれつき、食物添加物、保存剤のアレルギー持ちだった。
だが、多くの捨てられたり虐待されていた犬を保護し、収容する事でせいっぱい。
人手不足、資金不足の収容所内で、一匹、一匹の犬の細かな健康状態や、
食物管理などできるはずもなく、ましてや、猟犬として生まれながら、鉄砲の音や、
大きな声が怖かったモモは、役に立たないからと虐待され、捨てられ、
拾った人からも、たらいまわしにされ、最終的に収容所に連れてこられた
モモに、それまで与えられていたものなど・・・・聞かなくてもわかる。

モモは、最初収容所で見た時、
身体のあちこちが禿ていて、皮膚もなんだか、カサカサで、
お尻には、山のように自分の排泄物が付いていて、
あぁ・・この子が欲しいと!即座に心惹かれるような犬ではなかった。
しかも、我先に通行者の通る廊下側の檻に群がっては、
僕を見て!私を見て!撫でて撫でて!ここから連れ出して!と
懇願する他の収容犬たちと違い、モモだけは、檻の一番奥に座り込んでいた。
(後から考えると、モモは、モモを収容所に連れてきた最後の飼い主
(大学生の女の子)が、迎えに来てくれるのを、ひたすら待っていたんだった)

それでも色々な偶然が重なってモモをもらい受ける事になった時、
彼女の中で唯一綺麗だったお腹が、<桃・もも>色だったのと
ミッシェル・エンダのモモから・・
私たちの娘に・・モモと名つけた。



このブログを読んでくださっている方は、もうご存知とは思うが、
私は、ものすごいアレルギー持ちなので、モモの皮膚の状態がアレルギーなんじゃないかと
なんとなく、想像できたのだが、それが、何によるものなのかは、わからない。

その頃かかっていた獣医にも何度も相談し、血液検査も繰り返すのだが、
皮膚だけでなく、下痢が続く(そのために、収容所では、排泄物が、彼女のお尻の毛に
こびり付いて、ダマになっていた)

その獣医に勧められたヒルズはじめ、マース・ロイアルカナン、などなど、
思いつく限り、手に入る限り、ありとあらゆるメーカーの物を買い集め、
試してみるのだが、どれもこれも、納得がいくような改善がない。
最後には、自分で試食もしてみた。
(一度試食されてみると、どれだけまずいもの犬が食べているかわかりますよ)

万策つきた思いで、最終的に自分で作る事にした。
今でこそ、手つくり食が、一般的になっていて、多くの方が、ご自分の愛犬の口に
入るものを吟味され、自ら手をかけておられるようになり、レシピも簡単に手に
入るようになったが、13年前、私がモモのものを全部自分で作り始めた時は、
殆どの人から、良くは言われず、
その頃の獣医は、<ヒルズ>の販売に力を入れていたらしく、偏った栄養しか
取れなくなる<虐待だ!>。モモはせいぜい、7~8歳。よくて
10歳までしか生きられない。と、こき下ろされた。

その為に、良人とも怒鳴りあいになるくらいの喧嘩もした。
何度も、何度も、良人からも、近所のおばさん連中からも、
責められた。

が・・・実際に、目の前のモモの毛並みが整って、整うだけではなく、
誰もが、なんて綺麗な毛並みの・・とまで言って褒めてくれるようになり、
下痢も収まり、彼女がおならをするたびに、窓を全開にしなくては
ならないほど、臭かった匂いが激減し・・・
何よりも、本人事態が、本当に喜んでご飯を楽しみにしてくれているのに
どうして、あの<くそまずい><健康に悪そうな>犬の餌!に、戻さなくてはいけないのか?
私には、全くわからなかったし、新鮮な肉や野菜が目の前にあるのに、
缶詰めにされたグチャグチャなドッグフードの方が、健康にいいなんて、
どうしてもどうしても、納得ができなかった。

だから、最後には、
虐待してるのかも、しれません。でも、私、もし私だったら、まずいものを食べて
10年生きながられるより、5年好きなものを食べて死にたいです。

もし、もしも、モモが早死にしても、きっと許してくれると、心の中で思いながら、
そう言うしか、他に言葉が見つけられなかった。



あれから・・13年。

あの頃、手つくりご飯なんて、・・と私を批判し続けた近所のおばさんが
飼っていた犬は、高級ドッグフードのみ与えていたにも関わらず、
7歳で急死し、虐待だとののしってくれた<獣医>は、どうも流行らなくなったらしく、
クリニックを縮小したらしい。

で・・・あの時、水戸黄門の印籠よろしく、みんなが掲げていた
ロイアルカナンや、ヒルズに潜入調査に入ったジャーナリスが暴いた実態は、
悲惨なもので、手つくり食を取り入れる人が激増しているらしい。


モモと暮らして、モモと歩いて、私は、ひとつ賢くなれた気がしている。

有名だから・・みんながいいというから・・・

そんなことより、大事な事は、自分の<目>で見て、自分で考える事。
そして、何よりも、本当に何かや誰かを愛していたら、その直感に
間違いなんて無いんじゃないかという事。
何を敵に回しても、たとえ誰一人、味方なんていなくても、
子供の健康は、母親が守るしかないんだという事。

それを・・・モモが、私に、教えてくれた。










スポンサーサイト

Comment - 2

Thu
2017.11.30
00:25

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Fri
2017.12.01
03:55

amida #.FHqww6E

URL

鍵コメさま

お気持ちありがたく感謝いたします。
今の状況は、深い深い深海の底からゆらゆらと
少しずつ浮上しはじめている感覚です。
少し前までは、そのまま海底の泥の中に埋まりたいと思ってましたが、
今回もゾンビのような、、というか、色のない世界にいる私を
全力で引き上げてくれようとする人たちが、回りにいてくれて
そのお陰で、息をするのが少しだけ楽になりはじめました。

生きているのは悪くないものです。
鍵さまにも心から感謝いたします。


Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。